自動車の売却額を少しでも高くするものには、中古車を手放す時期、タイミングも影響してきます。所有する査定対象車を多少でも高く乗り換えることを考えれば、少なからず気を付けるべきことがあるんです。自動車の査定の要点として重要視される点に走行距離が挙げられます。多くの場合走行距離はその車の消費期限とみなされる場合もありますので、その車の走行距離が長いとそれだけ、買取査定の際にはマイナス要因になります。走行している距離が100キロと6万キロでは普通は査定対象車の売却相場は変わってきます。一般的には走行距離そのものは短ければ短いだけ車の買取額は高値になりますが実はそれほど突っ込んだ判断基準はないので定められた基準で査定が行われます。例えば普通車ですと一年で1万kmを基準としてこの走行距離以上走っていると多くの場合マイナス査定になるなどです。軽自動車ですと年間走行距離が8000kmがまた年数が経っているのに走行距離がとても短い場合でも見積額が高くなるとも一概には言えません。基本的には年式・走行距離での買取査定の要点は、年数にたいして適正な走行距離かどうかというところです。査定対象車も該当しますね。次にその車の初年度登録からの経過年数も自動車の見積査定のポイントです。十分とわかっているといった人が多数だと思っていますが、一般的には年式が新しいほど査定をする上で有利なのですがごく稀にその年式に特別な価値がある車は、古い年式でも高額で査定してもらえる場合もあります。また車検も重要です。もちろん車検をするにはお金がかかりますから車検時期までの期間が長いほど売却額は上積みされると勘違いする人が多いかもしれませんがそういったことはなく実際は車検の前でも後でも自動車の売却額にはそれほど関係がありません。外車、ローライダー水没車、といったような処分する車のタイプ状態も見積額に関係を与えます。車検時期が近付いてきた車は売却を考える時期としては望ましいということです。逆に、査定を高くするために車検直後に買取査定してもらおうと考えるのはお金の無駄、意味がないということになります。その他に買取業者に自家用車の査定を依頼し、買い取ってもらう時期としては2月と8月が有名です。なぜなら自動車買取業者の決算の時期が3月と9月になっているところがほとんどだからです。そのため例えば、1月に売ろうと思ったらもう少し待って2月に売却額査定を専門業者にお願いして引き取ってもらうのもありだと思います。自分の都合も都合もあると思いますので、皆が皆そういった時期を狙って売りに出すというわけにもいかないと思いますが、可能であればそのような時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。