簡単に言えば、任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは違って自賠責保険の範囲内でまかなえない補償をしてもらえる重要なものです。

これは任意保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険として有用なものですので自賠責保険でカバーできる限度額を上回った場合に登場します。

それから自賠責保険には対物損害に関しては補償が受けられないので物的損害を補う時には入っておくのがいいと思います。

今現在任意保険の保険料を納付済みの車を買い取ってもらう場合は、国産メーカーの車とか外車などことは関係なく、残っているお金が還付されます。

これは国産メーカーの自動車を廃車にする場合も同じことが言えます。

自動車損害賠償責任保険は普通は加入したままでいるのが常識ですが任意保険の場合は全ての人が入るものではないですから、解約をすることになります。

それから、解約後は、現段階で 支払っている残っているお金が返金されることになります。

中古車取引が成立したとしてもすぐさま加入している任意保険を解除するのは危険です。

勿論、すぐさま中途解約するとそれだけ返ってくるお金は上がりますが、もしも自動車専門店が遠くにあって、自ら運転していくような場合には保険なしで車の運転をするはめになります。

万が一のことに備えて、万が一にもこの先自分が車の運転をすることはないと言い切れる時まで契約の解除はされないようにしなければなりません。

所有車を引き取ってもらってまたすぐに他のクルマを買うケースならば構わないでしょうが、もしも車の運転をしないような状態が続き保険に加入している必要がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない期間が存在する場合、前に続いていた任意保険の等級が下がるため、任意保険の保険料が上がってしまいます。

こういった場合では「中断証明書」というものを提示してもらうようにしましょう。

この「中断証明書」があれば、10年まで遡って無保険になる前の任意保険の等級を継続することができるのです。

そして、13ヶ月以内であれば発行することができるので、もし既に売却済みで、「中断証明書」というものを提示してもらっていない状況でしたら保険会社や任意保険の代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。

もし新たに車を買うことになって、購入したあとで前に乗っていた中古車を買い取りに出すのであれば、任意保険の加入は片方のみになってしまします。

保険の変更ということになるので乗らなければなれない所有車の場合、売却まで注意しましょう。

それから、任意保険は排気量や車種次第で価格がだいぶ違ってきますから引き取りの際は任意保険を検討してみる好機といえます。