車を売る際、それから自動車の売却手続き時も印鑑証明という書類が必要になります。仕事 辞めたい アフィリエイト

この印鑑証明について説明しましょう。

印鑑証明という書類はある印鑑が実印として効力を持つという事実を実証する正式な書類です。

この印鑑証明がないとその印鑑が実印で間違いないかどうかが実証できません。

大金が動く売買になる車両の買い取りですから、実印が要ることになりますが、それとセットで印鑑証明書が要るのです。

役所で印鑑証明を実際に発行するためにはその前に印鑑証明しなければなりません。

印鑑証明書に登録する印鑑は実印と呼ばれ同じものが二つとないはんこであることが必須です。

この印鑑を手配して、最寄の役場へ出向けば印鑑登録をすることができます。

手続きが済むと、印鑑登録カードというものが発行され登録した印は実印として認められたということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには役場へ行き専用の書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを提示するだけです。

また自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

ですので、いつの印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力は持続するのです。

しかし、クルマ買い取りのときには効力のある印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はありませんが、車両の買い取りの際には、買い取る側が有効期限を決めているので、もしも車の売却を考えているのならば、事前に準備しておくことが必要です。