私たちは社会で生活していく中で、数々の税金を徴収されています。

税金は私たちが社会で生活するためのインフラを整備する為に、欠かせないものだと言えます。

ですがそんな税金ですが、徴収され過ぎると私たちは生活をしにくくなってしまいます。

その一つに自動車に関する税金があります。

自動車は取得した時だけでなく、乗っている間にも税金を徴収され続けるのです。

ですから自動車を所有して使用していると、かなりの額の税金を支払う事になります。

自動車はその他にも所有しているだけで色々なお金が掛かってきます。

なので自動車を所有すると、経済的に負担が重くなるのです。

車買取に迷ったら→軽自動車 廃車←です。

その経済的負担を税金を減らす事で、緩和して欲しいのです。

自動車の税金は道路の整備などに充てられ、私たちが安心して自動車で道路を走行できるようにしてくれています。

しかし税負担が重くなってしまえば、自動車を手放す人が増えてしまい、肝心の自動車の数が減ってしまう事になります。

昔は自動車が贅沢品と言われていた時代がありましたから、税金を多めに取ると言う理屈が通る事もありました。

しかし今となっては自動車は贅沢品ではなく日用品ですから、税金を多く取る事はおかしいと思います。